女性

心だけでなく体にも症状が現れるうつ病の真実

憂鬱な気分が続く

女の人

興味や感動が失せてしまう

うつ病は気分障害に分類される精神疾患です。はっきりした理由もないのに気分が落ち込んで、抑うつ状態が2週間以上続いているならばうつ病の疑いがあります。うつ病の症状には精神症状と身体症状の二つがあります。精神症状としては、理由もなく憂鬱であったり、自分がだめな人間だと思ってしまったり、楽しいとかうれしいという思いを感じられないといったものなどがあります。他にも、わけもなく不安になったり、虚しくて死にたくなったり、集中が欠如してしまったりもします。身体症状としては、不眠や早朝覚醒といった睡眠障害、疲れやすい、食欲がわかない、首や肩がこる、下痢や便秘といった便通異常、腰痛、腹痛、などさまざまなものがあらわれます。身体症状のみがあらわれて精神症状があまりない場合は、内科などを受診して検査をしても異常がなく、なかなかうつ病と気づかないことがあります。これらは仮面うつ病と呼ばれており、うつ病の中でも珍しくありません。なぜうつ病になるのかについて、さまざまな説がありますが、原因はまだはっきりわかっていません。これまでは、几帳面で仕事熱心、真面目で責任感が強く限界までがんばってしまうような人がうつ病になりやすいと言われてきました。

なぜ治療が必要なのか

確かにそうしたタイプがなりやすい従来のメランコリー親和型のうつ病もあるのですが、最近では違うタイプのうつ病も増えてきました。これらはディスミチア親和型うつ病と呼ばれ、基本の性格として、自己愛が強く、役割や社会規範がストレスになり、仕事熱心とは言えないようなタイプの人に多い傾向があります。いずれにしても、うつ病は何らかのストレスがきっかけで起きてくるのがほとんどです。そのストレスは環境の変化によるもので、必ずしも「悪い」ことではなく、結婚、出産、昇進、栄転などという一見喜ぶべきことが発症のきっかけになったりします。ある人には何でもないことが別の人には耐えられないような重荷になる場合もあり、ストレスが誰にどのような作用を及ぼすかは、個人差が大きくひとくくりにはできません。うつ病は、軽い間はそのうちに治ると考えたり、中にはその症状を甘えではないかと感じたりして、逆に自分を叱咤激励してがんばって乗り越えようとしがちです。しかし、そうして無理を重ねると症状が治りにくくなるだけでなく、症状のひとつである「自殺を考える」という方向に向かってしまう場合があります。治療していたかどうかにかかわらず、うつ病が自殺の背景にある可能性は大きいのです。2週間以上理由もなく憂鬱な気持ちが続いたり、漠然と死にたいと考えたりするようになっていたら、うつ病だけではなく命の危険もありますから、早めに心療内科や精神科を受診することが必要です。

Copyright© 2016 心だけでなく体にも症状が現れるうつ病の真実 All Rights Reserved.