見逃さない初期症状と変化

心だけでなく体にも症状が現れるうつ病の真実

自分に合った病院選び

女性

近年は、うつ病の症状を抱える人が増加しており、精神科などの病院を訪れる人がいます。通院する前に心理カウンセラーを利用するのも1つの方法ですが、通院する場合は、自分に合った病院を見つけることが大切です。

詳しく見る

憂鬱な気分が続く

女の人

うつ病は精神疾患のうち、気分障害に分類されます。わけもなく抑うつが続くのが特徴で、何に対しても興味がわかなくなってしまいます。眠れない、体調が悪いといった身体症状も出ます。身体症状だけが前面に出てくる仮面うつ病というものもあります。うつ病は自殺の原因になりやすいため、早めに見つけて治療することが大事です。

詳しく見る

大きな変化を見逃さない

頭を抑える男性

ストレスの体や心への影響

うつ病はストレスが続くことで発症してしまい、症状が治るまでに時間がかかることもあります。専門的な治療をしない限りは自然に治ることもほとんどないので、治療を受けることはとても重要なことです。うつ病ではよくある症状として、食欲低下や不眠、そして気分の激しい落ち込みなどが挙げられます。今まで好きだったことにも興味がなくなり、常にマイナス思考が働いてしまいます。こういった状態が続いてしまうので、心身ともによくはありません。本人に症状を治したい気持ちはあっても、1人ではなかなか治すことも難しいのです。うつ病での症状で、一番大きな特徴が自己嫌悪です。これは最初の頃からあらわれる症状で、最初は些細なことにそう感じますが、それがエスカレートしてきます。この自己嫌悪があるがために、うつ病の人たちは悩まされることになります。うつ病での治療は投薬が中心ですが、カウンセリングなどでは自己嫌悪を否定し、プラス思考で受け止めていく考え方が勧められます。最初はそれを受け入れるのに難しいかもしれませんが、1つ1つ受け止めていくことで心も次第に楽になっていきます。こうやって苦しい状態から徐々に抜け出せるようになるので、もとの健康的な状態に戻れることも難しくはありません。

自己嫌悪を悪化させない

このうつ病の大きな特徴で自己嫌悪を挙げましたが、これは放っておくとどんなことでも自分のせいにしてしまうようになります。例え本人に非がなくても、自分のせいにしてしまうことでどんどん自分を追い詰めてしまいます。この症状が一番危険なところとなるので、この考え方を変えていかなくてはいけません。うつ病をよく理解していない人は、悪気がなくても本人を追い詰めてしまうような言葉を言ってしまいます。それに反応してしまうと自己嫌悪も激しくなります。このため、周囲の人もその接し方に注意しなければいけないことと、静かに見守ってあげることも大切です。また、治療中は順調に回復傾向にあるように見えても、波が出てくることもあります。些細なことをきっかけに急に気分が落ち込むこともあり、再び逆戻りしてしまうことも珍しくありません。これは人にもよりますが、まだ完治していないことから気分は不安定なままです。焦らずゆっくりと前へ進んでいくようにすれば、特に問題もありません。こういうことも含めて周りに良き理解者がいてくれることは、いい影響を与えることになります。家族や親しい人の協力を得ながら、時間がかかったとしても前向きに進んでいくことです。

支持的精神療法が最高の薬

メンズ

何事も頑張りすぎる人や周囲を気にしすぎる人は、気がつかないうちにストレスを溜め込んでうつ病になってしまいます。そのような人は自分が悪いと思いがちですが、そのような考え方自体がうつ病の症状です。どんな病気にも治療法があります。心療内科や精神科で治療を受ければ、自分を責めていた考え方も変わります。

詳しく見る

ストレスが原因の病気とは

笑顔の男性

昔はうつ病は誤解されやすい病気でしたが、今では研究も進み広く知られるようになりました。精神的な症状と身体的な症状があり朝方が最もひどくなります。うつ病を発症すると脳内物質の変化も見られます。治療は医師とのカウンセリングや薬物療法が行われますが休養が最も大切です。

詳しく見る

Copyright© 2016 心だけでなく体にも症状が現れるうつ病の真実 All Rights Reserved.